タンジュン・ベノアで街のランドリー店を利用してみる

ウブドに続き、ベノアでも街のランドリーを利用しました。ベノアは、メインストリートのプラタマ通りを挟んで東側の海沿いには大型リゾートホテルが立ち並び西側には飲食店や商店が並んでいてそこにいくつかランドリー店を見かけました。ただし、ウブドで利用したランドリーと違って土産屋や怪しい両替所に併設したようなランドリー店が多く少々怯みましたが・・・・子供の下着や服が足りなくなったので旅の終わり頃に、利用してみました。宿泊していたグランドミラージュの向かいにあった絵画を売る店舗の奥にあったランドリー店にしました。
服や下着、合計21点で、59,400ルピア(≒580円)。Tシャツ30円、パンツ30円、下着25円、といったところ。ホテルランドリーの10分の1。
夕方5時ごろに出しに行ったら「明日の午後4時に取りに来て」とのこと。お店は、朝10時から夜8時までの営業だと言う。ところが翌日、お昼ごろに通りかかったらシャッターが閉まっているではないですが。このまま受け取れずに帰ることも有り得るかも・・・・と、少々不安になったものでしたが夕方4時に行ってみたら何事もなくシャッターが開いていて、受け取ることができました。ま、バリ島ですから。
店構えも営業時間も怪しいランドリー店でしたが息子の下着にまで、きれいにプレスされていて丁寧で気持ちの良い仕上がり。そして、とっても良い香り。帰国後も、ここで洗濯してもらった衣類が入ったクローゼットが開けるたびに、ふわっと良い香りがしていました。侮れません、ベノアの怪しいランドリー。

にほんブログ村 ← クリックお願いします

Familytravelog

アジア好き家族の旅日記から始まったブログですが、2017年よりシンガポールに移住。シンガポール暮らしの日常を綴っています。 【メッセージはfamilytravelog@gmail.comにお願いします】

0コメント

  • 1000 / 1000