カキアンベーカリーのクリームパフ

夕食をすませて、泊まっていたカキアンバンガローに帰ってきたときに思わず灯りに吸い寄せられるように入ってしまったのはカキアンバンガローの入り口にあるベーカリーカフェカキアンベーカリー入り口に立ててある幟は日本語だし1階のケーキショップの雰囲気は、まるで日本。
商品は、日本のケーキ屋さんとドーナツ屋さんが合体したようなラインナップ。美味しそうなケーキがたくさん並んでいるのでどれにしようか迷ってしまうけれどどれも1つがとても大きいので夕食後のデザートには量が多くて小さめのクリームパフをテイクアウトしました。2階のカフェでも食べられますが子連れだと、部屋に帰って食べるほうが気楽。
プレーンなクリームパフと、フルーツ入り。ちょっと甘いものが欲しいという気分を満たしてくれるちょうど良いサイズと、ちょうど良い甘さ。
泊まっていたカキアンスイートは、キッチン付きなのでブンクスしてきたものをレンジで温めたり
食器も一通り揃っているのでこうしてデザートを持ち帰って食べるのにも便利でした。
湯沸しポットあり、紅茶やコーヒーはフリー。
エスプレッソマシーンもありました。
HPからカキアンスイートを直予約したので冷蔵庫に入っていた、水、ジュース、ビンタンもフリー(最初に入っている分だけで、補充は無し)1人暮らしの家にあるような大きさの冷蔵庫なので近所のココスーパーマーケットで買い込んで来たジュースやヨーグルトを入れられて便利でした。
クッキーとクルプも、フリーのサービス。子供が気に入って、バリバリ食べていました。カキアンバンガローでは、毎日午後3~5時にカフェでアフタヌーンティをいただけるサービスもあるのですが部屋にもおやつが置いてあるし、外でも食べたいものはたくさんあり・・・午後はいつも、お腹に余裕がなくて残念ながらアフタヌーンティは一度も利用しませんでした。

にほんブログ村 ← クリックお願いします

Familytravelog

アジア好き家族の旅日記から始まったブログですが、2017年よりシンガポールに移住。シンガポール暮らしの日常を綴っています。 【メッセージはfamilytravelog@gmail.comにお願いします】

0コメント

  • 1000 / 1000