WARUNG SOPA ヘルシーナシチャンプル

小さな子供でも食事をしやすいワルンはどこだろうと出発前に調べてあったお店の1つWARUNG SOPA
ニュークニン通りにできた複合施設「Garden」内にあるワルンソパ2号店のほうは、庭に子供の遊び場があるらしく本当はそちらに行きたかったのですが・・・泊まっていたカキアンバンガローからはそう遠くないけれど無料送迎区域からは外れているらしくエクストラチャージがかかります、とのことワルンに行くのに、有料で送迎してもらうこともないと思い送迎してもらえる範囲のスグリワ通りのワルンソパ1号店に行きました。「Garden」は、ワルンだけではくナチュラルソープの「アラムセンポール」や雑貨店、マッサージ店などが入っているようなのでニュークニンに泊まるときや無料送迎範囲が広い宿に泊まるときはいつか行ってみたいところです。小さい子連れだと、レンタルバイクは乗りませんが(現地の子供は乗ってますけどね)バイクや自転車などの足があったら気軽にいけそう。
お店の前の道が狭くて雑然とバイクがとまっていましたが・・・
ナチュラルな雰囲気で、可愛らしいワルン。
メニューは、ナシチャンプルの他にスープや餃子などのおかず、デザートなど我が家はナシチャンプルをオーダーお昼の12時前だったので、お惣菜がたくさん並んでいてどれにしようか迷ってしまうほど。
オーダーして、レジでお会計席で待っていると、料理を運んできてくれるスタイル
オーナーさんは日本人女性のようで書架には、日本の漫画も置いてありました。SOPAオリジナルのTシャツ、ベビーロンパースも販売しているよう。ロンパースって、なんとも言えず可愛い。ベイビーがロンパースを着る時期って、ほんの一瞬。あの、足のボタンを大人しくつけさせてくれた頃が懐かしい。笑今から思うと、なんと貴重な時期だったんでしょう。。
揺り篭がありました。まだ寝返りしない小さな赤ちゃんや眠ってしまった赤ちゃんを連れていたらこれがあったら便利ですね。
ベビーチェアもありました。
下調べをしていて、ワルンソパに惹かれた理由はキッズのプレイコーナーがあったから。料理が運ばれてくる前や子供を先に食べさせて、母はあとでゆっくり食べたいときなどキッズコーナーがあると、とてもありがたいのです。ところが・・・さすが、バリ島。どうにもキレイとは言いがたい、キッズスペース。黒板は真っ白、チョークは置いてない。ハイハイベビーに配慮したであろうジョイントマットが汚い。置いてあったのは、折れた色鉛筆が数本と、壊れた木のおもちゃ。うちはもう、毎日公園で走り回っている元気で丈夫な3才児なのでこのキッズスペースでは遊べないわ、、などというデリケートさは、親子ともどもありませんが。まだ指を舐めちゃう0~1才の赤ちゃんをお連れの日本人観光客のファミリーだったら躊躇するかもしれません・・・・・・
うちの息子は、ここで喜んで持参のカーズの玩具マックイーンとトレーラーのマックを走らせて遊んでいましたが食後、ここに玩具を置いていたことをすっかり忘れて帰ってしまいました。夕方気がついて取りに戻り、無事再会。
遊んでいたら、食事が運ばれてきました。
ソイミルクのチャイ
夫の分のナシチャンプル。おかずは、茄子のカレー、コロッケ、ラタトゥイユ。ごはんがすすむ、辛目のしっかりした味のおかずでした。
私の分のナシチャンプル。おかずは、キッシュ、豆腐コロッケ、ラタトゥイユ。子供に取り分けるので、辛くないものを選びましたがどれも素材の美味しさが感じられて、いい味加減でした。こちらのお店のご飯は、赤米のみ。白米はありませんでした。(いつもなのか、たまたまなのかは、わかりません)うちは夫婦ともに雑穀好きで、家でも玄米+雑穀を食べているので赤米のナシチャンプルはとても好きなのですが・・・小さい子供には、赤米は硬く、まだ消化しきれないそうです。一口食べさせたら、やっぱり「かたい」と嫌がったのでおかずだけ取り分けました。
子供の分は、コーンスープとパンを。このコーンスープ、素材そのものの甘みでとても美味しかった。小食の女性や、ホテルの朝食でおなかがいっぱい…という時にはこれ一杯で満足するくらいのボリュームあるスープです。
お会計は、約120,000ルピア(1,100円くらい)。また機会があったら、ランチに行ってみたいお店です。

にほんブログ村 ← クリックお願いします

Familytravelog

アジア好き家族の旅日記から始まったブログですが、2017年よりシンガポールに移住。シンガポール暮らしの日常を綴っています。 【メッセージはfamilytravelog@gmail.comにお願いします】

0コメント

  • 1000 / 1000