Kakiang bungalows ベーカリー併設宿の朝食

バリ島ウブドで泊まったカキアンバンガローは、人気のカフェレストラン「カキアンベーカリー」に併設されているだけあって、朝食が美味しい宿でした。今回はHPからの直予約だったので、朝食は、レストランでも部屋でも、どちらでもOK。HP以外の、代理店などからの予約の場合は、レストランのみになるようです。小さな子連れだと、食事は部屋でするのがラクなので、毎朝部屋に運んでもらいました。
最初の朝は、夫婦二人とも、ブレッドバスケット付きのセットにしてしまったら、大量のパンが!さすが人気ベーカリーのパン、とても美味しかったのですが、これは多かった…。クロワッサンが特に美味しかったです。
サーモンエッグベネディクト。他に絶品のエッグベネディクトが食べられるホテルを知っているので、これは絶品…とまではいきませんでしたが。小ぶりサイズで、朝にちょうど良い一品でした。
2月はドラゴンフルーツが旬なのか、カットフルーツにも、ミックスジュースも、ドラゴンフルーツがメイン。カキアンベーカリーの大きな冷蔵庫いっぱいに、鮮やかなピンク色のドラゴンフルーツが並べられていて、1kg15,000ルピアほどで売られていたのが印象的。
二人ともパンケーキを選んだ日。
ベリーのパンケーキは、ボリュームたっぷり。クリームの量が多くても、ベリーの甘酸っぱさでちょうど良い。
シンプルなバターミルクパンケーキ。私と子供は、こっちのほうが好きでした。
カキアンバンガローは、6歳以下の添い寝の子供は宿泊代が無料。朝食は、子供の分も必要だったら追加でオーダーしようかと思っていましたが…大人二人分だけでも盛りだくさんで、家族三人で食べてちょうど良い量でした。パンは、一人前でも充分。
3才の子供の朝食ですが。大人の分を取り分けていた他に、カキアンバンガローのすぐ近くにあるCOCO SUPERMARKETで、イチゴとヨーグルトを買ってきて、食べさせていました。カキアンスイートは冷蔵庫が大きいので、冷蔵品を買い込めたのと。お皿やスプーンなどの食器がたくさん揃っていたので、買ってきたものを食べるのに便利でした。
こちらの宿、カフェ類が美味しい!朝から美味しいコーヒー、カフェオレ、カプチーノが飲めるのはしあわせ度が高いです。
昔は、バリ島のホテルの朝といえば、バリコピ。粉が沈むのを待って飲む、あの薄いコーヒーを飲むとバリに来たわ~、、、という気分にはなるのだけど冷静になってみると、決して美味しいとは思えなくて一週間もすると、つらくなっていたものですが。バリ島で、しかもウブドで、こんなに美味しいコーヒーが飲めるようになっていたことに感動。産後しばらくバリに行かない間に、時代は変わったものね。。
ついでに、カキアンスイートからの朝の風景。ベッドルームからの眺望はこんな感じで、朝日などは見えず朝日に照らされた街が見えるくらいでしたが…
リビングの大きな窓の外は、緑がワサワサっと育っていたのでカーテンを開けて緑を眺めながら朝食をとるのは、なかなか良かったです。

にほんブログ村 ← クリックお願いします

Familytravelog

アジア好き家族の旅日記から始まったブログですが、2017年よりシンガポールに移住。シンガポール暮らしの日常を綴っています。 【メッセージはfamilytravelog@gmail.comにお願いします】

0コメント

  • 1000 / 1000