ベノアの街

2015年2月のバリ島旅行後半で滞在していた、タンジュンベノア。大型リゾートホテルが立ち並び、観光客向けに開発されたヌサドゥアとともに「ヌサドゥア・ベノア」とひとくくりにされていることの多いベノアですがセキュリティゲートに囲まれ、安全に整備されたヌサドゥアから北上していったところにあるベノアはまた少し雰囲気が違うエリアでした。
宿泊していたグランドミラージュの周辺も同じ並びの道には、ノボテルやアストンなどの大型ホテルが並んでいますが道路を挟んだ反対側にはレストラン、コンビニ、スーパー、安い街スパ、ランドリー怪しい両替所なども並びホテル周辺の徒歩5分以内に色々とあるので車やタクシーなどの移動手段がなくてもホテル周辺で飲食や買い物はできます。小洒落た雑貨店や、オーガニックのカフェなど雑誌のバリ島特集に載っているようなお店は、ありません。
おそらくヌサドゥアやベノアあたりでは一番有名であろうレストラン ブンブ・バリの2号店。このあたりのホテルのコンシェルジュやバトラーに美味しいお店は?と聞くと、たいていこのお店だったので何度か行ったことがあります。ホテルレストランとそう変わらないお値段でしたが味も雰囲気も間違いのないお店でした。
ブンブ・バリ周辺の小道を進んでいくと、ローカルの生活エリアがありました。この道は、本当にローカルな雰囲気で洗濯している子供がいたり家の軒先に、ちゃぶ台のようなテーブルが1つあってその周りの地べたにたくさんの人が座って食事しているようなワルンがあったり…
この通りは、観光客もポツポツと利用していそうな小さな商店やワルンが、並んでいました。
この通りにあったワルンに行ったのでそれはまた別に書きます。
大型ホテルやお洒落なヴィラ、ショッピングセンターが並び車道や歩道も美しく整備されているヌサドゥアと違って道は狭く、歩道はガタガタローカルな風景も覗くことができるベノア。森のウブドから、ビーチリゾートエリアのベノアに移動する旅を組んでざっくりと、田舎から都会に移動するイメージでしたがお洒落な店が建ち並び、観光バスがたくさん走って渋滞しているウブドのほうが、よほど都会で。ベノアのほうが、ひなびた雰囲気。今回は、子供向けのホテルを探していて街をあまり知らずに、宿泊を決めたのですがホテル敷地内に入れば、リゾート。ホテルから一歩出れば、ローカル。そんな雰囲気が味わえて意外にも、面白かったベノア滞在でした。

にほんブログ村 ← クリックお願いします

Familytravelog

アジア好き家族の旅日記から始まったブログですが、2017年よりシンガポールに移住。シンガポール暮らしの日常を綴っています。 【メッセージはfamilytravelog@gmail.comにお願いします】

0コメント

  • 1000 / 1000