香港ディズニーランド再訪

2016年12月の3世代香港旅行のメインは、香港ディズニーランドでした。

私と夫は3度目の香港ディズニー。平日はすいていたけれど、今回は12月の土曜日なので、さすがに混んでいるだろう…と思っていましたが、やっぱりすいていました。




いつ行っても大混雑の日本のディズニーランドのようなサービスがないから、香港ディズニーは人気がないんじゃないの?と考える人が多い気がしますが、世界のディズニーの中でも、日本のディズニーの混雑は群を抜いている。私なりの分析ですが、日本のディズニーが混んでいる要因は、経営しているオリエンタルランドが、キャラクターグッズ販売やレストランの季節メニューに熱心だからではないでしょうか。日本以外のウォルトディズニー直営ディズニーは、キャラクターグッズやレストランメニュー販売にそれほど力を入れていないから、頻繁に足を運ぶ人が少ないのではないかと。


グッズや限定メニューに興味がない私は、アトラクションの待ち時間が少ないのが一番嬉しい。


香港ディズニーランドは、パークの敷地もそれほど広くなく、すいているからアトラクション待ち時間も少なく、レストランも席を探すのに苦労するような混雑はしていないので、小さい子連れには本当にちょうど良いテーマパークなのです。



周辺のランタオ島の自然が溶け込んで、のどかな雰囲気。

そして12月はディズニーランドもクリスマスムード満点で可愛いです。


今まで行った3回とも、11月と12月の冬シーズンで、いつもクリスマスバージョンでした。そうではない時期に行っていないけれど…きっと蒸し暑い夏シーズンは、体力的に気合が要りそうです。


友達に香港ディズニーランドをすすめるときには、子供の夏休みじゃなくて、冬休みか春休みに行くことをおすすめします。夏休み期間の頃の香港は、台風も多いですから。

エントランスにいる、くじらサーフィンミッキー。

エントランスから入ってすぐ、ショップが並ぶところ。

眠れる森の美女城。


世界でも他にない、中に入れないお城。今後、このお城は建て替えられることが決まっているとか。今の姿を見られるのは、今回が最後だったかも。

今回は、スターウォーズの新作公開記念で、トゥモローランドがスターウォーズバージョンになっていました。入園チケットも、スターウォーズの絵。

身長が102㎝を超えた息子、スペーストレーダース(スペースマウンテン)に初挑戦。暗闇を猛スピードで駆け抜けるスペーストレーダースは怖がるかと思ったら、すごく楽しんでいました。


スペースマウンテンの隣のステージでスターウォーズのショーをやっていて、4才からトレーニングに参加できるようになっていたので、5才の息子にもぜひ参加してもらいたかったのですが、こちらは「怖い」の一点張りで、とうとう参加はしてくれず。残念。

バスライトイヤーのアトラクションは、5分待ち。

ランチは、美心(マキシムズ)の中華が食べられるプラザインで。


お粥と炒飯をオーダーして、回ってくるワゴンから点心を選んで飲茶ランチ。

息子には、豪華なお子様セット。

マシュマロのウサギが可愛い。

香港のジャングルクルーズは、船長の言語を選べます。広東語、中国語、英語の3種類の船に分かれているので、我が家は英語の船へ。待ち時間は15分と書いてありますが、誰も並んでいなかったので、船がきたらすぐに乗れました。

一番乗り、ハイテンション船長のすぐそばでジャングル探検。

火柱や水柱があがって、日本よりも激しい演出です。

息子が提げているダッフィーのポシェットは日本から持って行ったものですが、香港ディズニーランドには、ダッフィーもいます。日本だとディズニーシーにしかいないので、ランドのキャラクターとダッフィーをまとめて見られるお得感がありますね。

香港ディズニーならでは、トイストーリーランド。

パラシュートが上下する、私の苦手な体がすくむ系のアトラクションは約1時間待ち。こういう、子供向けと言うか、一度に乗れる人数が少ない回転の悪い乗り物は、待ち時間が長いです。


息子は1時間待ちでも乗りたい!というので、夫と息子で乗ってもらいました。

甥っ子がお昼寝タイムに入っていたので、私と妹は近くのカフェで休憩。

ビッググリズリーマウンテンは、日本のビッグサンダーマウンテンの進化版のような感じ。鉱山を駆け抜けるコースターが、途中から後ろ方向に激走するので、すごい迫力!


これは身長112cmからだったので息子は乗れず。息子と甥っ子は、夫と一緒に、グリズリーガルチ(お化け屋敷のアトラクション)に行ったので、ビッググリズリーマウンテンには、私と妹で乗りました。姉妹でコースターに乗るなんて、何年ぶりだろう。絶叫!楽しかった~。

パーク内にはポップコーンやお菓子、軽食のワゴンが出ていますが、置いているものは、だいたいどこも同じ。なので、「ここにしか売っていないもの」を目的買いする行列もなし。


よく売っているコーンは、シンプルな味で、子供も大好き。

5才児も1才児も、丸ごと1本、自分のもの!

ママには分けてくれません。


1才の甥っ子は、まだお菓子の味を知らないから、コーンの甘味がご馳走なんだろうな。1本食べきっても、もっともっと!食べ終わったコーンを捨てに行く母を追いかけて、もっと食べたいと泣いていました。笑

朝から夕方まで遊んで、夕飯の前にはパークを出て、ホテルに戻りました。

夜のパレードも見たかったけれど、チビ連れで最後までいるのは、帰りが大変なので、そこはサクッと退散。そうしたことで、ホテルラウンジのカクテルタイムでゆっくりできたし、子供たちもいつもの時間にお風呂に入って寝られたので、疲れも残りませんでした。


チビ子連れの旅は、欲張らないことも、みんなが楽しむための秘訣の1つかも。



↑ クリックお願いします




Familytravelog

アジア好き家族の旅記録&日常記録 【メッセージはfamilytravelog@gmail.comにお願いします】

0コメント

  • 1000 / 1000